平成27年度 小磯記念美術館の展覧会スケジュール公開

150319pic

お待たせいたしました!平成27年度の小磯記念美術館のスケジュールがついに公開となりましたので、お知らせいたします。

今年はとってももりだくさんで、様々な展覧会が開催されます。お見逃し無いよう、お気を付け下さい♪

 

《平成27年度展覧会予定》

 

4月4日(土)~6月14日(日)

 展示室1:小磯良平作品選Ⅰ―油彩―

 展示室2:新聞連載小説挿絵原画展「適齢期」(一)白川渥著

 展示室3:コレクション企画展「幸せなひととき」

展示室1では小磯良平の油彩作品を展示いたします。展示室2では、平成24年度に新たに収蔵された、小磯良平作の白川渥の小説「適齢期」の挿絵を公開いたします。そして展示室3ではコレクション企画展「幸せなひととき」を開催いたします。小磯さんは多くの優しさを感じさせる絵画を描いていますが、その中でも和やかな気分に包まれた素描と油彩の作品を展示いたします。

 

6月27日(土)~8月30日(日)

 展示室1、2,3: 美術館再開特別展示「コレクション再発見 小磯とゆかりの画家たち」

6月27日からは当館のコレクションを一堂に展示いたします。小磯良平作品はもちろん、金山平三をはじめとした神戸とゆかりがある作家の当館所蔵コレクションを展示いたします。他にも、小松益喜や田村孝之介、中西勝、そして今年没後30年をむかえ全国で展覧会が開催される鴨居玲の作品もご覧いただけます。どうぞお楽しみに!

 

9月12日(土)~11月3日(火・祝)

 展示室1:小磯良平作品選Ⅱ―踊り子―

 展示室2、3:特別展「国立美術館巡回展 洋画の大樹が根付くまで」

9月12日からは、展示室1にて「踊り子」をテーマにした「小磯良平作品選Ⅱ」を開催いたします。バレリーナをはじめとした数々の踊り子をテーマに描いた作品が並びます。そして展示室2、3では東京国立近代美術館、京都国立近代美術館のコレクションを小磯記念美術館で60点程展示いたします。明治期から戦後のさまざまな展開を網羅した展示です。ぜひ、作品と共に移り変わる時代の空気をお楽しみください。

 

11月14日(土)~1月31日(日)

 展示室1:小磯良平作品選Ⅲ―油彩―

 展示室2、3:特別展「東京藝術大学・小磯教室に学んだ画家たち2 野田弘志展」

11月14日からの展示は「小磯良平作品選Ⅲ―油彩―」、そして新宮晋さんに続く「東京藝術大学・小磯教室に学んだ美術家たち2」として野田弘志さんの展覧会を開催いたします。リアリズムを追求し、現在もご活躍されている野田さんの作品の数々…。小磯先生との裏話なども楽しみです♪

 

2月9日(火)~4月3日(日)

 展示室1:小磯良平作品選Ⅳ―油彩―

 展示室2:特集・かたちの研究

 展示室3:コレクション企画展示「感じるかたち=あらわすかたち」

そして、平成27年度最後は、展示室1での「小磯良平作品選Ⅳ―油彩―」、展示室2では「特集・かたちの研究」そして展示室3ではコレクション企画展示「感じるかたち=あらわすかたち」という「かたち」をテーマにした展示を行います。小磯さんや、神戸ゆかりの作家が描いた「かたち」をご堪能ください。

 

開館後も神戸市立小磯記念美術館は、毎週月曜日が休館日となります。しかし、月曜日が祝日などの場合、休館日が移動いたしますので、お気を付け下さい。

また、展覧会によって入館料も変わってまいります。展覧会の開催に伴い、入館料の表記も小磯記念美術館のホームページでいたしますので、お間違えないようご確認ください。

【Masa】