ロビーコンサート「セノオ楽譜の軌跡」ご報告

12月6日(土)、小磯記念美術館のロビーでは室内合奏団ザ・ストリングスによるコンサートセノオ楽譜の軌跡が行われました。

141206robicon特別展「生誕120年 川西英回顧展」で展示されているセノオ楽譜。「セノオ楽譜」とは、明治に日本に入ってきた洋楽の楽曲を収録した楽譜で、セノオ音楽出版社から出されました。セノオ楽譜の表紙を、竹久夢二さんが描いている時期もあり、川西英さんは自身のコレクションとしてセノオ楽譜も収集していました。その楽譜の実物を当館で現在も展示中ですので、興味がありましたら、ぜひご覧ください。(12月23日までです)

今回のコンサートでは、そのセノオ楽譜をもとに、ザ・ストリングスの皆さんに演奏していただきました。モーツアルトやチャイコフスキーをはじめとした誰もが聞いたことのある名曲の数々を、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスで演奏していただきました。お客様も満員御礼状態に加え、演奏中に会場のロビー前で足を止めて聞き入るお客様もいらっしゃいました。

「セノオ楽譜」に実際に掲載されていた音楽の数々を聞くことで、より、川西英がコレクションしていた竹久夢二表紙の楽譜について関心を持ち、また展示されている夢二作品の世界を体感することができたように思えます。

ザ・ストリングスの皆さんは、小磯記念美術館以外の場所でも演奏されています。興味がある、という方は、ザ・ストリングスのホームページをご覧ください。NPO法人室内合奏団The Strings http://www.the-strings.com/wp/

さて、今年度はあともう1回、ロビーコンサートがございます。12月13日(土)カレイドスコープによる「クリスマスコンサート」を開催いたします。バーバーショップ・ハーモニーに魅せられた2組の夫婦による演奏です。バーバーショップ・ハーモニーとは、19世紀アメリカで登場したコーラスのことを言います。どのようなコンサートになるか、とても楽しみですね♪ カレイドスコープHP:http://www6.plala.or.jp/sakaguch/kaleidoscope/

ロビーコンサートは事前申込制ではなく、当日先着順です。開始時刻は14時からです。お席に限りはありますが、多くの方に聞いていただければと思います♪

【Masa】