ロビーコンサート「クリスマスコンサート」ご報告

1412181

 

今年最後の小磯記念美術館のイベントは、ロビーコンサート、カレイドスコープによる「クリスマスコンサート」でした。2002年に2組の夫婦から結成された、「カレイドスコープ」。関西を中心に、日本中、さらには海外でも活躍するグループです。今回のコンサートでも、名前の通り、「万華鏡」のように鮮やかな歌声を披露してくださいました♪

名作A Whole New Worldにはじまり、時代を超えた名曲から、「涙そうそう」といった日本の音楽まで幅広いジャンルの曲を披露していただけたので、世代を問わず何方でも楽しむことができました。コンサートの終盤には「きよしこの夜」、アンコールでは「ジングルベル」を歌っていただき、会場はクリスマス、年末の雰囲気に包まれました(^▽^)

1曲ずつ明るくて分かりやすい解説が入っていたため、小さな子供たちも楽しんでいました。アンコールの「ジングルベル」では、手拍子もおこり、大盛り上がり!美しい歌声と、メンバーの楽しい人柄が魅力のカレイドスコープの今後の活躍は、カレイドスコープのホームページをご確認ください。

(カレイドスコープ http://www6.plala.or.jp/sakaguch/kaleidoscope/

さて、特別展「生誕120年 川西英回顧展」も残り5日で終了です。(23日火・祝までです)まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ足をお運びください!

【Masa】