月別アーカイブ: 2014年12月

特別展「生誕120年 川西英回顧展」終了しました

14122512月23日(火)をもちまして、特別展「生誕120年 川西英回顧展」は終了いたしました。川西英展では展覧会、そしてさまざまなイベントに、多くの方に足をお運びいただきました。そして川西英展を通して1万人を超えるお客様が小磯記念美術館にいらっしゃいました。この場を借りて、御礼申し上げます。

2014年、また、今年度(平成26年度)の小磯記念美術館での展覧会はすべて終了いたしました。2015年4月からはじまる、展示、イベントにつきましては、ホームページなどでもご案内いたしますので、少しの間だけ、楽しみにお待ちください♪

本年も小磯記念美術館をご愛顧いただき、ありがとうございました。良いお年をお迎えください♪

【Masa】

ロビーコンサート「クリスマスコンサート」ご報告

1412181

 

今年最後の小磯記念美術館のイベントは、ロビーコンサート、カレイドスコープによる「クリスマスコンサート」でした。2002年に2組の夫婦から結成された、「カレイドスコープ」。関西を中心に、日本中、さらには海外でも活躍するグループです。今回のコンサートでも、名前の通り、「万華鏡」のように鮮やかな歌声を披露してくださいました♪

名作A Whole New Worldにはじまり、時代を超えた名曲から、「涙そうそう」といった日本の音楽まで幅広いジャンルの曲を披露していただけたので、世代を問わず何方でも楽しむことができました。コンサートの終盤には「きよしこの夜」、アンコールでは「ジングルベル」を歌っていただき、会場はクリスマス、年末の雰囲気に包まれました(^▽^)

1曲ずつ明るくて分かりやすい解説が入っていたため、小さな子供たちも楽しんでいました。アンコールの「ジングルベル」では、手拍子もおこり、大盛り上がり!美しい歌声と、メンバーの楽しい人柄が魅力のカレイドスコープの今後の活躍は、カレイドスコープのホームページをご確認ください。

(カレイドスコープ http://www6.plala.or.jp/sakaguch/kaleidoscope/

さて、特別展「生誕120年 川西英回顧展」も残り5日で終了です。(23日火・祝までです)まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ足をお運びください!

【Masa】

ロビーコンサート「セノオ楽譜の軌跡」ご報告

12月6日(土)、小磯記念美術館のロビーでは室内合奏団ザ・ストリングスによるコンサートセノオ楽譜の軌跡が行われました。

141206robicon特別展「生誕120年 川西英回顧展」で展示されているセノオ楽譜。「セノオ楽譜」とは、明治に日本に入ってきた洋楽の楽曲を収録した楽譜で、セノオ音楽出版社から出されました。セノオ楽譜の表紙を、竹久夢二さんが描いている時期もあり、川西英さんは自身のコレクションとしてセノオ楽譜も収集していました。その楽譜の実物を当館で現在も展示中ですので、興味がありましたら、ぜひご覧ください。(12月23日までです)

今回のコンサートでは、そのセノオ楽譜をもとに、ザ・ストリングスの皆さんに演奏していただきました。モーツアルトやチャイコフスキーをはじめとした誰もが聞いたことのある名曲の数々を、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスで演奏していただきました。お客様も満員御礼状態に加え、演奏中に会場のロビー前で足を止めて聞き入るお客様もいらっしゃいました。

「セノオ楽譜」に実際に掲載されていた音楽の数々を聞くことで、より、川西英がコレクションしていた竹久夢二表紙の楽譜について関心を持ち、また展示されている夢二作品の世界を体感することができたように思えます。

ザ・ストリングスの皆さんは、小磯記念美術館以外の場所でも演奏されています。興味がある、という方は、ザ・ストリングスのホームページをご覧ください。NPO法人室内合奏団The Strings http://www.the-strings.com/wp/

さて、今年度はあともう1回、ロビーコンサートがございます。12月13日(土)カレイドスコープによる「クリスマスコンサート」を開催いたします。バーバーショップ・ハーモニーに魅せられた2組の夫婦による演奏です。バーバーショップ・ハーモニーとは、19世紀アメリカで登場したコーラスのことを言います。どのようなコンサートになるか、とても楽しみですね♪ カレイドスコープHP:http://www6.plala.or.jp/sakaguch/kaleidoscope/

ロビーコンサートは事前申込制ではなく、当日先着順です。開始時刻は14時からです。お席に限りはありますが、多くの方に聞いていただければと思います♪

【Masa】

美術館大作戦10「チャレンジ木版画」ご報告

11月30日、美術館大作戦10「チャレンジ木版画」を開催いたしました。彫刻刀を使って版をつくるところから始める、少し難しい大作戦でした。けれども、参加者の小学4から6年生までの子供たちは、スタッフのお兄さんやお姉さんたちと楽しく木版画作りをしていました。

daisakusen14101参加者とスタッフの自己紹介が終わった後、まず、特別展「生誕120年 川西英回顧展」を担当学芸員の解説と共に鑑賞しました。例えば、サーカスを題材にした作品をみながら、1枚の版画作品のために版木が何枚も作られていることや、どうやって川西さんが動物の動きをとらえていたかの秘密もお話してもらったり、時には「みんな、サーカスってしってる?」「いったことがある」というような会話を交えた鑑賞をし、理解を深めました。

daisakusen14103その後はいよいよ版木の制作にとりかかります。今回は木版画で川西さんに挑戦!ということで、「クリスマスカード」や「年賀状」を作りました。川西さんの作品なども参考にしながら、太いマジックペンで下絵を描きます。子供たちだけではなく、お父さんも版木作りに挑戦!彫刻刀の使い方にはよくよく注意して、神戸大学のお兄さんやお姉さんにもお手伝いしてもらいながら、ケガをしないように彫り進めました。

参加者は、上手に彫刻刀を使って、素敵な版木をたくさん作りました!いよいよ、その版木を刷る作業…。楽しくて何枚も何枚も刷る子が続出!版画の楽しさは、何枚も刷ったり、また手を加えたくなったら彫刻刀で彫って、また刷ることができるところにもあります♪

daisakusen14102たくさん刷ったら、最後にクリスマスカード作りです。黒一色だった版画に色をつけます。(どうやったかは参加者だけの秘密です。)青やピンク、黄緑に赤など、とっても鮮やかなカードが完成しました!時間がある子は、版木の裏面を使って年賀状を作っていたりしました♪

木版画の楽しさを体験しながら、また神戸大学の学生スタッフ、神戸シルバーカレッジの方々との交流もとても楽しかったとの声もきくことができました♪学校だけでは出会えない人たちとの出会いも、美術館でのワークショップの魅力ですね(^o^)

さて、小磯記念美術館は2014年12月末から2015年4月頭まで館内の設備工事を行うため休館いたします。そのため、今年度の「美術館大作戦」の受付はすべて終了してしまいましたが、また春が近くなってきましたら、来年度の美術館大作戦のお知らせができるかと思います♪

来年度もさまざまな企画が登場しますので、ぜひ、楽しみにしていてくださいね!

【Masa】