美術館大作戦8「描かれた神戸を知ろう」ご報告

10月25日(土)、美術館大作戦8「描かれた神戸を知ろう」を開催しました。参加者は小磯記念美術館で「特別展 生誕120年川西英回顧展」を鑑賞後、川西英が描いた風景をもとに、旧居留地を散策しました。

141025blog1daisakusenこの大作戦では、神戸市立博物館の支援員の皆さんからご協力いただきました。1枚目写真のように手作りの力作、旧居留地地図をはじめ、楽しい解説の数々のおかげで、時間はあっという間に流れてしまいました。なんとなく歩いていて、見逃していた旧居留地の様々なスポットを、支援員の皆さんに1つ1つ丁寧に解説していただいたことで、神戸の魅力をさらに感じることができました!

141025blog2daisakusen8また2枚目の写真は、現在はマンションやオフィスビルが立ち並ぶ栄町をスケッチする参加者です。「栄町はかつて銀行が並んでいた」という話を聞き、思わずスケッチがしたくなったそう。「秋田銀行」、「東京銀行」、「電車銀行」など、今の風景と、イメージされた当時の風景、そして参加者の空想が混ざり合い、とっても素敵な作品を生み出していました。

「描かれた神戸を知ろう」と同じように、大人の方も参加していただける美術館大作戦は、11月15日(土)にも開催いたします。

☆美術館大作戦9「動物園で紙版画」

日時:11月15日(土)10:00-16:00 定員45名

小磯記念美術館で「生誕120年 川西英回顧展」を鑑賞後、川西さんもたくさん題材にしていた動物の版画作りにチャレンジします。実際に王子動物園へ足を運び、動物たちを観察して版画を作ります。

参加ご希望の方は、11月5日(水)までに、往復はがきかFAXでお申し込みください。お申し込みの際は、申し込みされるご本人と、一緒に参加される方のお名前、連絡先の電話番号、ご案内を送付するための住所かFAX番号をご記入下さい。当日は、昼食、手ぬぐいタオル、のり、ハサミ、また小磯記念美術館の入館料と、王子動物園の入館料(高校生以上600円)が必要です。定員(45名)以上のお申込みがあった場合は、抽選になりますのでご了承ください。お待ちしております♪

【Masa】