「風のミュージアムツアー」最終回のご報告と「新宮晋 地球の遊び方」展終了のお知らせ

9月23日(火・祝)をもちまして、「新宮晋 地球の遊び方」展は終了いたしました。風でゆったり動く作品の数々、お楽しみいただけましたでしょうか?ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

さて「新宮晋 風のミュージアムツアー」も9月13日に最終回が行われました。なんとこのときの応募者数は110名を超えました!たくさんのご応募、ありがとうございました。参加していただけた方は残念ながら限られてしまったのですが、ぜひ、興味があるという方は、風のミュージアムのホームページにアクセス方法が掲載されていますので、ご覧ください。(風のミュージアムhttp://windmuseum.jp/

それでは、ミュージアムツアー最終回のご報告を少しだけですがいたします。

kazenomuseum9131 9月13日もお天気に恵まれました。秋を感じる涼しい風が吹く有馬富士公園では、お昼を外で召し上がる方も見かけられました。さて、最終回の今回は内容も盛りだくさんです。まずはワークショップの開催。風を感じることができる簡単なグッズ作りをしました。

透明なビニールテープに絵や柄を描き、それを裂いていくと、風でフワフワ動くグッズが完成します。年齢を問わず、眺めて楽しそうにしている方を多くみかけました(^^)

kazenomuseum9132さて、ワークショップのあとは、新宮さん登場。ご自身の半生をお話ししてくださったり、外に出て作品の解説をしてくださったりしました。(写真の白い帽子の方が新宮さんです!)

最後には全員で記念撮影をして、風のミュージアムをあとにしました♪

kazenomuseum91336月から9月まで4回開催いたしました「風のミュージアムツアー」、季節により様々な顔をみせてくれました。冬や春にはどのような風景が見れるのでしょうか。ぜひ今後の風のミュージアムの情報は、「新宮晋風のミュージアム」ホームページよりご確認ください。

さて、10月4日(土)からは特別展「生誕120年 川西英回顧展」を行います。川西英さんは木版画により鮮やかで可愛らしい作品をたくさん生み出しました。戦後の画集「神戸百景」(復刻版)を書店で見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか?最近ではワインのラベルにもなりました♪

本展では、川西さんの初期の油彩画や各年代の代表的な木版画・肉筆画にくわえ「兵庫百景」の一部と素描など約400点を展示いたします。(途中で展示替えをするため、11月19日以降展示される作品がガラッと変わる予定です)川西英さんの過去最大規模の回顧展です。

入館料は、大人1000円、高校・大学生750円、小学生・中学生500円です。神戸市老人福祉手帳をお持ちの方は500円、のびのびパスポートをお持ちの方は無料となります。

美術館大作戦をはじめ、さまざまなワークショップも予定しています。次回の記事で告知いたしますので、興味がある方はぜひご覧ください。

【Masa】