大人のためのワークショップ「掛軸をつくる」ご報告(後編)

8月7日のブログでもご報告いたしました、大人向けワークショップ「掛軸をつくる」が終了いたしました。7月24日(木)にはじまり、7月31日(木)、8月7日(木)、8月21日(木)の計4日間、ワークショップを行いました。

後半2回も集中力を要する作業が続きましたが…そのときの様子を一部ですがご報告いたします。

h26kakejikukouhen1第3回も引き続き掛軸の作成です。耳捨て糊、総裏打ちという作業です。作業は2人1組で行わないとできないものもありましたが、先生方の楽しくて丁寧なご指導もあり、順調に進めている人が多いようでした。

h26kakejikukouhen5緊張する作業が続きましたが、3回目の後半はアイスブレイクも兼ねて根津節二先生による「掛軸について」の講義が行われました。裂の色や柄にも意味があり、季節や書画の内容によっても変わる、等のお話に皆興味津々。着物を選ぶように裂の色や柄も選ぶ…今まで掛軸にかけられている絵しか見ていませんでしたが、これからは裂にも目を向け楽しめそうです。

h26kakejikukouhen2さて、いよいよ最後の第4回では仕上げの作業を行いました。まずは軸棒付け、表木付け、釚打ち込みといった作業をして、実際に使用できる形にしていきました。単純そうな作業ですが、1つ1つが紙一重の技が要り、そう簡単にはいきません。

h26kakejikukouhen3最後は巻き方や保管方法についても丁寧な指導があり、この4日間で作り上げた掛軸を大切に飾ったりしまっておく知識を得ることができました。

すべての行程が終わったら、出来上がった作品を展示してみました。どの掛軸もとても初心者が作ったとは思えないほど綺麗な仕上がりで、個性豊かな掛軸がズラッと並んだ光景は、たいへん壮観でした。

神戸表具内装協会の先生方、ご指導ありがとうございました。参加者の皆さん、4日間お疲れ様でした!

h26kakejikukouhen4参加者の感想には、先生方の気さくさに触れ、作業をしていく中で掛軸の様々な裏話を聞くことができて、たいへんよかったという声も聞かれました。少人数制で先生方との距離が近いことも小磯記念美術館の大人向けワークショップの魅力の1つです。

大人向けワークショップ「掛軸をつくる」は終了いたしましたが、今後も小磯記念美術館では大人向け、もしくは子供も大人も参加できるワークショップを企画しています。こちらのブログでも告知いたしますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

【Masa】