月別アーカイブ: 2014年8月

大人のためのワークショップ「掛軸をつくる」ご報告(後編)

8月7日のブログでもご報告いたしました、大人向けワークショップ「掛軸をつくる」が終了いたしました。7月24日(木)にはじまり、7月31日(木)、8月7日(木)、8月21日(木)の計4日間、ワークショップを行いました。

後半2回も集中力を要する作業が続きましたが…そのときの様子を一部ですがご報告いたします。

h26kakejikukouhen1第3回も引き続き掛軸の作成です。耳捨て糊、総裏打ちという作業です。作業は2人1組で行わないとできないものもありましたが、先生方の楽しくて丁寧なご指導もあり、順調に進めている人が多いようでした。

h26kakejikukouhen5緊張する作業が続きましたが、3回目の後半はアイスブレイクも兼ねて根津節二先生による「掛軸について」の講義が行われました。裂の色や柄にも意味があり、季節や書画の内容によっても変わる、等のお話に皆興味津々。着物を選ぶように裂の色や柄も選ぶ…今まで掛軸にかけられている絵しか見ていませんでしたが、これからは裂にも目を向け楽しめそうです。

h26kakejikukouhen2さて、いよいよ最後の第4回では仕上げの作業を行いました。まずは軸棒付け、表木付け、釚打ち込みといった作業をして、実際に使用できる形にしていきました。単純そうな作業ですが、1つ1つが紙一重の技が要り、そう簡単にはいきません。

h26kakejikukouhen3最後は巻き方や保管方法についても丁寧な指導があり、この4日間で作り上げた掛軸を大切に飾ったりしまっておく知識を得ることができました。

すべての行程が終わったら、出来上がった作品を展示してみました。どの掛軸もとても初心者が作ったとは思えないほど綺麗な仕上がりで、個性豊かな掛軸がズラッと並んだ光景は、たいへん壮観でした。

神戸表具内装協会の先生方、ご指導ありがとうございました。参加者の皆さん、4日間お疲れ様でした!

h26kakejikukouhen4参加者の感想には、先生方の気さくさに触れ、作業をしていく中で掛軸の様々な裏話を聞くことができて、たいへんよかったという声も聞かれました。少人数制で先生方との距離が近いことも小磯記念美術館の大人向けワークショップの魅力の1つです。

大人向けワークショップ「掛軸をつくる」は終了いたしましたが、今後も小磯記念美術館では大人向け、もしくは子供も大人も参加できるワークショップを企画しています。こちらのブログでも告知いたしますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

【Masa】

美術館大作戦6「ゆれる彫刻をつくろう」ご報告

今回は小学校4年生以上の、ちょっとお兄さんお姉さん向けの大作戦でした。新宮さんの作品を鑑賞した後、みんなで新宮さんの作品にチャレンジです!ゆれる作品」「風で動く作品を作りましょう♪

まずは展示室で鑑賞です。新宮さんは、どういう工夫をして、風で動きやすい作品を作っているのかな、とか、これから新宮さんに挑戦するためにどの作品をモデルにしたいかなということを考えました。

H26daisakusen62その後は作品作りです。風で動く作品作りをお手伝いするために、神戸シルバーカレッジをはじめ、普段は神戸市内の様々な場所で活動している方がボランティアとして駆けつけてくださいました。たくさんのお手伝いスタッフに最初は緊張していた子供たちでしたが、最後は仲良く作品つくりをしていました♪

H26daisakusen63できあがった作品です!ゆらゆらと揺れる作品ができあがりました。どの作品にもさまざまな工夫がこらされています!また、今回はオマケでオリジナルかざぐるまの作成をしました♪

 

当日は巨大台風とぶつかってしまいましたが、多くの方が参加してくれました。ありがとうございました!

 

さて、「新宮晋 地球の遊び方展」の美術館大作戦はこれでおしまいです。しかし、10月からはじまる「生誕120年 川西英回顧展」にあわせて、さまざまなプログラムを開催いたしますので、どうぞお楽しみに!詳細は、こちらのブログでもお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください♪(^O^)

【Masa】

美術館大作戦5「豆本をつくろう」ご報告

7月27日(日)に美術館大作戦5豆本をつくろうを開催しました。この大作戦にはたくさんの方が参加してくださいました。ありがとうございました♪本日はそのときの様子をご報告いたします。

mamehon141新宮晋さんは絵本をたくさん出版していますが、その構想を練る際には必ず豆本を作って持ち歩いているそうです。まず、私たちは展示室で新宮さんが実際に作った豆本をみたり、題材になりそうな作品をスケッチしたりしました。

mamehon143その後はいよいよ豆本作りです。描いた絵をそのまま本の1ページにしたり、切って貼ったりもしました。

 

mamehon142新宮さんの作品を題材にした豆本もたくさんありました。風で動く彫刻を題材に物語を作ったり、新宮さんの絵本をもとに自分でお話を作る子もいました。どの豆本もたくさんの絵や言葉で溢れていました。

 

また豆本を作りたい」「お家でやってみたい」という声をたくさんいただきました。ぜひ、また作ってみてくださいね♪

【Masa】

大人のためのワークショップ「掛軸をつくる」ご報告(前編)

現在小磯記念美術館では大人のためのワークショップ「掛軸をつくる」を開催しています。

kakejiku1417月から8月にかけて全4回のプログラムを通して、水墨画の制作からはじまり、掛軸を完成させます。kakejiku142

第1回は掛軸にする作品の制作です。水墨画家の林静佳先生のご指導の下、竹や蓮を描きました。先生が手書きのお手本をご用意してくださったこともあり、参加者の皆さんもどんどん筆が動き、素敵な作品が次々と生まれていました♪林先生は水墨画教室も開いています。教室や展覧会の情報は

林先生のホームページでご確認ください。(林先生のホームページ http://www.geocities.jp/suibokubokusai/index.html

第2回は神戸表具内装協会から7名の講師の方がいらっしゃって掛軸を作成しました♪kakejiku143

第1回で制作した水墨画に合う裂を選び、裁断したり、糊止めをして形にしていきます。失敗できない工程も多く、緊張感がありましたが、参加者2人につき1人の講師についていただきましたので、無事に作業を終えることができました(^O^)

kakejiku144だいぶ見覚えのある掛軸の形に近くなってきました。さて、今後はどのような工程を経て掛軸が完成するのでしょうか…後半のご報告をどうぞお楽しみに♪

【Masa】