美術館大作戦2「画家の旅 船をつくろう」

5月24日(土)平成26年度美術館大作戦第2弾「画家の旅 船をつくろう」を開催しました。

現在、展示室3で行われているコレクション展「エキゾティックな絵の中へ」では、画家たちが訪れた旅先で見た、風景や人々を描いた作品を展示しています。当時の渡航手段に飛行機がなかったため、船を使っていました。そんな背景のある作品たちをみて、船をつくります。・・・船をつくる?さてさて何が出来上がるのでしょうか。

DSC_0121午後2時、参加者とスタッフが展示室に集まり、スタートです。自己紹介と展示室内でのお約束を話したら、展示室へみんなでいきました。

「日本と光が違うのかな?」「外国は夜が短くて昼が長いよ!」(三木朋太郎《カーニュ風景》をみて)みんなで話し合いながら絵をみていると、色々な発見がありますね(^▽^)

さて、これらの作品の舞台となった場所へ、画家たちはを使って行きました。時間も体力もかかる大変な旅とはいえ、ロマンを感じます♪

DSC_0147鑑賞が終わったら、いよいよ今度は船を作ります。実際に乗ることができるような大きな船はなかなか作れませんが、「小さな分身」に船に乗ってもらい、行きたい場所へ旅をしてもらいます♪船だけではなく、想像力を膨らませて、好きな色の画用紙に、色鉛筆を使ったり、素敵な風景絵画の絵を貼りつけて小さな国も作ります。

 

DSC_0162飛び出す絵本の1ページのような作品たち。アーチ状の橋や、大型の船を作ったり、子供たちの工夫が光っていました。完成後は発表会で、小さな船に乗ってお互いの国を冒険しました。

参加した方から、「旅をした気分になりました」「おもしろいものが作れて嬉しかった」といったお声もいただけました。ぜひ、また参加してくださいね♪

 

さて、次回の美術館大作戦についてお知らせいたします。

次回は「美術館大作戦3 風を感じよう」です。6月21日からはじまる展示、小磯教室に学んだ美術家、新宮晋さんの展示「地球の遊び方」に関連した大作戦です。

新宮さんは風や水など、自然のエネルギーで動く作品を制作しています。最初に作品を鑑賞した後、小磯記念美術館の隣にある公園で風を感じて、自然と仲良くなって、そのあと風を見える形に表してみます。講師は、新宮さんご本人

日時は7月12日(土)、朝10時から12時30分頃まで。締切は7月10日。参加者の氏名、年齢、学校名、学年、連絡先、ご案内送付先、付添の方のお名前を書いて、FAXか往復ハガキでご応募ください。また当日は、はさみ、のり、えんぴつを持参していただきます。たくさんのご応募お待ちしております♪

【Masa】