月別アーカイブ: 2014年4月

6月からのワークショップのご案内 ~新宮晋 地球の遊び方~

来る6月21日から、世界的なアーティストである、新宮晋さんの展覧会を開催します。現在、展覧会の準備に必死です・・・。間に合うことができますかどうか?担当者はすでに“ぎりぎり”の状態に追い込まれております。。。。

さて、この展覧会会期中には、さまざまなワークショップを開催します。ホームページの中にもチラシを掲載してお知らせしていますが、ここでもご紹介してみましょう。

盛りだくさんの内容です。展覧会にあわせて、三田の有馬富士公園に「新宮晋 風のミュージアム」がオープンします。屋外のひろびろとした空間に展示された巨大な動く彫刻をバスで見に行くというなんとも贅沢なツアーもあります。

子供さんは、新宮さんといっしょに作品がつくれるワークショップもあり、うらやましい限りです。お天気だといいなあ。と思っています。

いずれのワークショップも定員をオーバーすると抽選になります。先着順ではないので、ふるってご応募ください。(ただし、講演会は当日先着順)

大人向けのマニアックなワークショップは、「掛軸をつくる」です。こちらは、日本の伝統的な技をプロのかたつきっきりで学ぶことができます。ただし、ずっと立ちっぱなし、次から次へとすることがある、知らない言葉がたくさん出てくる、寸法が㎝ではない、など、ちょっとしたサバイバル状態になります。講師の先生方はみなさん個性的でプロの技を惜しげも無くオープンにされる方ばかりなので、「いいのでしょうか?そんなに。」と心配になります。完成した掛軸は、玄関にかけたりすることもできる少し小さめのサイズとなっており、現代の暮らしにもマッチするように考えていただいております。

いっしょに楽しみましょう!  【D】

ワークショップチラシ(おもて)

ワークショップチラシ(おもて)

ワークショップチラシ(うら)

ワークショップチラシ(うら)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが選ぶ小磯良平作品選 終了しました

4月6日に「あなたが選ぶ小磯良平作品選」終了いたしました。
投票にご参加いただいた方をはじめ、たくさんのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。
「投票結果が気になって観にきました」「自分のコメントが展示されていて嬉しかった」というお声もたくさんありました。
今回は、絵と合わせて、投票いただいた方のコメントも展示し、特にお子様のコメントが大好評でした。
様々な方のコメントを読むと、共感できる感想や、おもしろいコメントに頬が緩み、また意外な視点で絵を観ているな、鋭い意見だな、と新しい発見もあったりと、いつもの作品選とはまた違った雰囲気で、小磯作品を楽しんでいただけたのではないかと思います。

 

12月より開催しておりました、この展覧会。終了した今は、桜も散り、すっかり暖かい陽気となりました。
新緑が気持ちの良い、これからの季節。また新しい展覧会が始まります!

 

2014年4月12日(土)~6月8日(日)

「小磯良平作品選Ⅰ-油彩・素描-」
コレクション企画展示「エキゾティックな絵の中へ」

 

油彩・素描あわせて77点を紹介します。5月13日(火)以降、一部展示替します。

前期では、小磯良平が手がけた神戸博のポスター原画や神戸みなとの祭ポスター原画を紹介。素描は公開頻度が少なく、この機会にぜひお楽しみください。

コレクション企画展示では、金山平三、角野判治郎、林 重義、古家 新など15名の画家による作品34点を展示します。旅先で描かれたエキゾティシズムが感じられる作品をご覽ください。

毎週日曜日午後2時からは、学芸員と作品を鑑賞する「ギャラリーツアー」もございます。ぜひ、ご参加ください。

休館日は毎週月曜日ですが、5月5日(月)は開館し、5月7日(水)休館いたします。
お間違いないように。

 

ゴールデンウィークにご家族みんなで、ぜひ美術館へ。小磯記念美術館のある六甲アイランド公園も緑が美しい季節です。美術鑑賞のあとにピクニックなんて、いかがですか^^
新学期、新生活に少し疲れたというあなたも、美術鑑賞して心も体もリフレッシュしてみませんか^^

みなさま、お誘いあわせのうえ、ぜひお越しくださいませ。

【S】