日別アーカイブ: 2013年10月31日

美術館大作戦7&ロビーコンサート

10月19日(土)に美術館大作戦7「音の鳴る不思議-鳥笛をつくろう-」を開催しました。

カテリーナ古楽器研究所の松本公博先生をお迎えして、竹を削って、鳥笛作りをしました。

削り具合で微妙に音が出たり出なかったりと、繊細な作業でしたが、参加してくれた子供たちは、早くから音を鳴らすことができ、楽しそうに笛を鳴らしていました。

  

美術館の上にある公園にも出向き、さっそく鳥と交信。鳥たちは集まってきたかな・・♪

 

うぐいすの鳴き声、「ホーホケキョ」が鳥笛の基本ということで、みんなで練習!

先生のように上手に吹くのは難しい・・!でも、まるで小鳥のような可愛らしい鳴き声が響き渡りました。

 

さぁ、午後のコンサートでは先生の楽器演奏とアンサンブルしてみよう!!

ということで、午後は松本先生たちによるロビーコンサート「音の鳴る不思議~自然を音に変えて!~」が開催されました。

いつものコンサートとは、またひと味違う癒やしの雰囲気が漂い、館内にいながら、森の中にいるような心地でした。手作りされた楽器も素敵で、様々な珍しい古楽器の紹介もあり、面白い音や可愛らしい音に心躍る時間でした。

小磯さんの絵にも、たびたび登場するリュートの演奏も!丸みを帯びた楽器の形に見とれ、先生の演奏する音色に感激するばかりでした。

そして、午前中の大作戦に参加した子どもたちが、ついに鳥笛で演奏に参加します。

とっても上手に音が響き、楽しい演奏になりました。お客様みなさまも、笑顔の絶えないロビーコンサートとなりました。

 

松本公博先生は、普段は大分県で活動されています。自ら木や竹を育て、楽器作り、演奏、古楽器の普及をされています。

杵築市山香町という所に、お住まい兼工房があり、そちらでも鳥笛作りなどのワークショップも開催されています。

ワークショップやコンサートにご参加頂いたみなさまも、今回は参加できなかった方も、ぜひ機会があれば、カテリーナの森を訪れてみてください。

 

松本先生の自然への、楽器への愛情をたくさん感じ、温かい時間を過ごすことができた1日でした^^

【S】

 

 

 

RICエコアートカプセル2013終了しました。

「ひろがる つながる ひと もの こと」をテーマに10月20日(日)に開催しました「RICエコアートカプセル2013」は、盛況のうちに終了致しました。

 

ご協力頂きましたアーティストの皆様、サポートスタッフの皆様、その他ご支援頂きました関係者の皆様に感謝申し上げます。

そして、ご来場頂きワークショップに参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!!

 

アーティストと訪れた方々との交流の場となり、様々なワークショップを通して、皆様がアートを身近に感じた1日であったらいいなと思っております・・☆

 

また、来年の開催をめざして頑張りたいと思います・・皆様、どうぞよろしくお願い致します。

   

【S】