NUI NUI プロジェクト2013 -布をつぐ 心をつむぐ-

9月の前半2週間にわたり、RICエコアートカプセル関連企画「アーティスト・イン・スクール」が行われました。

8月にもテキスタイルアーティストの岡みちこ先生の指導のもと、向洋中学校美術部の生徒たちが作品制作を行いました。

今回はカナディアンアカデミースクールに岡先生と訪れて、8年生の生徒たちと、家で着なくなったTシャツなどの衣服を持ち寄って、縫うことで形を変容させ、アート作品を制作します。

様々な国の子どもたちが集まっているカナディアンアカデミー。どんな材料やアイデアが出てくるのか、とても楽しみです♪

1週目は縫いの基本を学び、スライドを見ながら岡先生のレクチャーを受けました。世界の様々なテキスタイルアートの作品や、青森の人々に昔から伝わる「ドンジャ」などについて教えて頂きました。

 

2週目は、各自持ってきた衣服や布に、フェルトなど素材の違うもの、ボタンなどを縫いつけ、作品制作を開始しました。

はじめは、針に糸を通すだけで悪戦苦闘していたみんなですが、2回目の授業では、慣れた手つきで布を縫う姿が見られました。

   

はじめから、作りたいものが決まっている子もいれば、なんとなく気に入った布や素材を手にとり、思うままに縫っていく子も・・

どんな作品が出来上がったのでしょうか・・・!

今回カナディアンアカデミースクール8年生のみんなが作った作品も、すべて10月20日(土)に行われます「RICエコアートカプセル」で展示します。お楽しみに☆

 

【S】