美術館大作戦5「夏休み美術館研究」

7月30日(火)に美術館大作戦5「夏休み美術館研究」が開催されました。

普段は入ることのできない美術館の裏側を探検したり、学芸員さんはどんなお仕事をしているのか聞いてみたりと、とっても貴重な体験が出来る今回の美術館大作戦。

夏休みまっただ中の元気な子どもたちがたくさん参加してくれました。

 

さっそく、美術館の裏側へ潜入です!

とっても大きく頑丈そうな扉が・・・

ここは、美術館にあるすべての絵を保管している「収蔵庫」です。

展示室で飾ってある絵以外にも、たくさんの絵が美術館にはあります。

それを大切に保管するために、温度・湿度が調整された この収蔵庫の中においてあります。

参加してくれたみんなは、収蔵庫の中をのぞくこともできました。

これは、本当に貴重な体験です!!

 

次は、収蔵庫よりもさらに奥へ・・・

ここには、大きなダンボールや、大工さんが 使うような道具がたくさん置いてあります。

展示室に絵を展示するときに、絵を直接床に置かないように守るためのダンボールや、絵をつるすためのワイヤーや道具、美しく配置するためのメジャーや、ライト、ライトをつけるときに必要な大きな足場などなど・・

展覧会が出来るまでには、まるで工事現場のような大変な作業がたくさんあることが分かりました!

 

続いては、学芸員さんがお仕事をしている「研究室」へ。

壁一面には、小磯さんが研究のために持っていた本や画集がぎっしりと並んでいました。

そして、机の上にはたくさんの資料が・・

間違っている字がないかルーペを使って確認したり、小さく印刷された絵や、写真を見るためのライトがあったり、学芸員さんが研究室で何をしているのか、ほんの一部ですが知ることができました。

 

初めてのことがいっぱいで、みんな大興奮の様子。

さっそく、教えてもらったことを絵や文章でまとめてみよう!

出来上がったものを、みんなにも見てもらおう!

すばらしい!今日発見したことがぎっしり書かれています。

これで自由研究の課題もバッチリだね☆

 

美術館研究で見たものや知ったことを覚えておいて、 また改めて展覧会をみに来てね。

なんでも知っている君に、お母さんお父さん、お友達もびっくり!

自慢できちゃう楽しい体験ができたね。素敵な夏休みの思い出のひとつになりますように☆

【S】