特別展「関西学院の美術家」オープン

7月20日(土)より特別展「関西学院の美術家~知られざる神戸モダニズム」が始まります。

関西学院大学出身の芸術家、大森啓助、野口彌太郎、神原浩、児玉幸雄など14名の作品資料約170点を紹介する展覧会です。

会期は10月6日(日)までとなっております。みなさま、ぜひご来館くださいませ。

 

  

本日行われました、内覧会の様子。たくさんの方にお越し頂きました。

 

特別展に関連したイベントもいくつかご紹介したいと思います。

◆講演会「自由の翼をはばたかせ-関西学院の美術」

8月4日(日)午後2時~3時30分

講師:熊田 司氏(和歌山県立近代美術館館長)

定員:80名

聴講無料(要入館料)。当日午前11時より整理券を配布します。

 

◆関連講座 講師:当館学芸員

8月11日(日)午後2時~3時 「神原 浩と大森啓助、人と作品」

9月8日(日)午後2時~3時 「蘇った創作版画家~北村今三と春村ただを」

 

◆解説会 学芸員によるスライド解説

毎週日曜日 午後2時~(約30分間)

ただし、8月4日、8月11日、9月8日を除く

 

◆ギャラリーツアー 学芸員と一緒に作品を鑑賞するツアー

毎週金曜日 午後5時~(約30分間)

☆毎週金曜日は午後6時まで延長開館しております。(入館5時30分まで)

 

その他、ロビーコンサートや子ども向けワークショップ「美術館大作戦」、大人のためのワークショップなどイベント盛りだくさんです。

これらイベントの様子なども、この「美術館通信」でお届けしていきますので、お見逃しなく!!

 

【S】