月別アーカイブ: 2013年6月

生誕110年 小磯良平の世界・巡回展が終了しました

本年は、小磯良平の生誕110年の記念の年にあたります。これを祝して、昨年から、当館を第一会場として、「小磯良平の世界展」を、ふくやま美術館、郡山市立美術館で開催させていただきました。この展覧会も去る6月16日で終了し、長期間にわたって拝借させていただいておりました作品を、各ご所蔵先にご返却しています。皆様のご協力により、多くの方々に小磯良平の魅力をお伝えできたのではないかと思います。本当にありがとうございました。

6月16日、最終日の郡山市立美術館に、プライベートでお伺いしました。

郡山市立美術館は、緑に囲まれた素晴らしい環境の中にあります。

郡山市立美術館-この木々の奥にあります

《斉唱》のポスターが並ぶ掲示板

展示室の中は撮影できませんでしたが、来館者の方たちは、「この光と影のコントラストが上手なのよね」などと語りながらご覧になってらっしゃいました。地域性なのでしょうか。展示室の中には、関西の小磯記念美術館とは異なる雰囲気が醸し出されていたような気がします。。。 

神戸会場では展示がかなわなかった、修復後の《彼の休息》は、色彩が鮮やかになり、いきいきとした竹中郁の姿があらわれていて、とても新鮮な印象が感じられ、青年・小磯と竹中の友情をあらためて感じました。

せっかくなので、美しい自然も満喫してきました。

磐梯山の頂上を去り、振り返ると、虹が!

2011年に当館で展覧会を開催させていただいた、水彩画家の大下藤次郎は、磐梯山を訪れ、火口付近、檜原湖、猪苗代の美しい作品を描きました。この時、郡山市立美術館の所蔵作品も拝借させていただきました。

そして、その時の展覧会のワークショップでお世話になったのが、現在展覧会開催中の堀江優先生でした。他者から見れば、全く関係のないことがらも、担当者の中では繋がっていて、じんわりと感動した旅でした。

「君たちは僕のライバルだ!」と子供たちに語る堀江先生

【D】

 

 

 

 

 

堀江優遺作展

「水彩画家 堀江優遺作展」-「人間の弱さ」を持つ聖書の人を描き続けて-は、昨日展示替えいたしました。7月15日までの会期となります。

かつて、「小磯良平の聖書の挿絵」展を当館で開催させていただいたことがありますが、小磯良平の軽やかなタッチとは対照的に、堀江優の作品からは、強く、深刻な感情が迫ってきます。描かれているのは、裏切りや不信、嘘をつくといった「人間の弱さ」を持った聖書の人。展示室にはいにしえの物語があふれています。

しかし、描いた堀江優は、彼らを描いたときに、彼らを非難しようとする気持ちなど全くありませんでした。「どうにかして救われないだろうか」「そんなことをしては駄目だ。頑張るんだ」と、親身になって聖書の人を励ましながら描いていたといいます。ですから、一見すると、恐ろしい内容に思われる作品でも、しばらく見ているうちに、次第に暖かい画家の感情が感じられてくるのです。キリスト教に通じていないかたにも、その気持ちが充分ご理解いただけることでしょう。

堀江作品が、これほどまとまって展示されることはかつてありませんでした。今回の展覧会は、「じっくりと考える」「知識を深める」ことに関心があるかたには特にオススメです。

紫陽花も美しく色づいています。雨が降ればもっと美しくなるでしょう。【D】