月別アーカイブ: 2012年7月

節電とクールスポット

当館では、9月7日(金)まで、クールスポットに取り組みます。

入館料がいつもの半額です〔一般・100円、高・大学生が80円〕。市内の小中学生はのびのびパスポートをもって来ていただくと無料ですし、すこやかカードをお持ちの方も無料です!節電を楽しみに変えてしまう、ひとつの方法として、美術館に涼みにいらしてください。

夏休みの自由研究にもいかがですか?

展示室の作品のみならず、中庭の緑も美しいです。外の暑い気温を感じさせない回廊のベンチから中庭を眺めれば、大変いやされること間違いなしです。

ところで、美術館が、このような社会状況であっても冷房を効かせているのは、実は、人間のためではなく、作品のためなのです。大切な宝物を、永遠に(ちょっと張り切りすぎ?)、子々孫々に伝えていくためなのです。人間にしか創りだせない、かけがえのないものを失うのは一瞬。創り上げるのには気が遠くなるような時間がかかっています。タイムマシンが発明されていないので、時間を遡ることは不可能。また、100年にも満たない年月しかこの世に滞在しなかった、作者に還ってきてもらい、同じものを作り上げることも絶対に不可能。作品がその内に持つ、年月の重みを再現することも不可能です。

 

どうぞご理解いただけますように。そして、ご自宅の電源を切って、家族で涼みにきてください。日曜日には学芸員と一緒に作品を鑑賞するギャラリーツアーなどもあります。【D】

開館20周年を記念して! ロビーコンサート盛りだくさん いかがですか?

平成4年11月3日に開館した当館は、今年でようやく20周年を迎えることができました。これも、小磯作品のみならず、美術を愛する皆様の支えがなくては難しいことであったと思われます。感謝いたします。

海外の著名な作品をお借りするような、新聞社企画の展覧会を購入する予算がない小磯記念美術館ですが、当館の展覧会に来られた方が、「知らない画家の作品だったが良かった」「知らない画家のことがわかって勉強になった」などとアンケートに書いてくださっているのを見つけると、小躍りするほど嬉しい気持ちになります。

話が横道に少しそれましたが…。この開館20周年を祝して、音楽がお好きで、少しピアノを弾いたり、絵画の中に楽器を描き込んだりした小磯良平さんにちなみ、ロビーコンサートを、10月から毎月1回、特別に企画しました。

リュートやチェンバロは、小磯さんが楽器を買い求め、絵画のモチーフにしています。また、子供の頃から日曜学校に通って讃美歌を歌っていた小磯さんは、歌もお好きであったと思われます。声楽のコンサートもあります。どうぞお楽しみに!【D】