特別展スペシャルコンサートのお知らせ

だいぶ時間が経ってしまいましたが、5月のスペシャルコンサートのご報告と次回開催のお知らせです。

5月26日土曜日、小磯記念美術館ロビーにおきまして、

特別展スペシャルコンサート 『ローランサン展に寄せるTHE STRINGSのフレンチ』 

が開催されました。

 

このコンサートでは、神戸を中心に活躍されるクラシック音楽の演奏団体、室内合奏団THE SRINGSさんをお招きし、現在開催中の展覧会『マリー・ローランサンとその時代展』に合わせたプログラムを演奏していただきました。

なかなか見ることのできない、チェンバロを使った室内合奏。

お楽しみいただけましたでしょうか?

 

ここからは、前回見逃してしまった方に朗報です。

『ローランサン展に寄せるTHE STRINGSのフレンチ』 の第2回開催 が決定しております。

 

6月23日(土) 午後2時より(約1時間)

無料入場ですが、入館料は必要です。

【演奏プログラム】
①ボアモルティエ:2つのソナタ 作品26 第2番       
②クープラン:トリオ・ソナタ「リュリ賛」より「トリオ・ソナタ」
(類いないリュリ氏の不滅の思い出のために作曲されたアポテオーズの題によるコンセール)
・1.Gravement(荘重に)
・2.Saillie(Vivement)(奔るように)奔る:勢いよく走る/走る:急いで進む
・3.Rondement(ロンド風に)
・4.Vivement(活発に)
③クープラン:王宮のコンセール第2番ニ長調         
※ガット弦使用

【演奏者】
ヴァイオリン:中川菜月
チェロ:森左介
チェンバロ :小島千紗

 

 

開場は午後1時半頃より。

また、当日午前中にご来館されたお客様は、事前に受付で申し出ていただきますとチケットの半券提示で再入場することもできます。

 

これからローランサン展にお越しになる予定の皆様は、

ぜひこちらのコンサートもあわせてお楽しみください。 (a)