雨の似合う美術館

うっとおしい、梅雨の季節が近づいてきましたね。

せっかくの休日も、雨が降ると出かける気が失せるというものです。

 

ところで、みなさんは、雨の小磯記念美術館に来館されたことはありますでしょうか?

 

私はこの4月から当館に勤めているのですが、小磯記念美術館ほど雨の似合う美術館はないと思っています。

 

しとふる雨に濡れた中庭の緑は、いつもよりいっそう艶めいて美しく、

回廊に差し込む柔らかな光は、晴れた日の日差しとはまた違った風情があります。

なにより、この季節、日々緑が濃く深くなっていく植物の変化は、雨の日にこそ如実に感じられ、私の密かな楽しみとなっています。

 

中庭の人気者であるアジサイが咲くのも、もうすぐです。

いよいよカウントダウンが始まっています。

 

梅雨の季節こそ、一度、当館を訪れてみてください。

お待ちしております。  (a)