小磯良平とコーヒー

コーヒー好きで知られる小磯良平。毎朝コーヒー豆をミルで挽き、一杯飲んでから制作に取りかかっていたそうです。

静物画の中には愛用のコーヒーミルが何度も登場し、まさに名脇役でした。アトリエには当時を再現するように、絵のモチーフとなった物たちと共に置かれています。しかし、中央の壁際に専用の台に置かれたコーヒーミルは、脇役どころか主役のような存在感があります。

 

さて、小磯記念美術館から歩いて10分のところに、UCC六甲アイランド工場があるのは皆さまご存知でしょうか?

おいしいコーヒーのルーツを教えていただこうと、先日工場見学「コーヒー体験ツアー」に参加してきました。

エレベーターに乗った瞬間、挽き立てコーヒーの香りが・・。

生産から焙煎まで、おいしいコーヒーを、いつも変わらずいただける秘密を教えていただきました。

見学だけでなく、焙煎による味の違いも舌で感じることができ、益々コーヒー党になりました。

 

 

見学の後は、やはり本格コーヒーを・・・ごちそうさまでした。

 

こんな缶もあったのですね。懐かしい・・・

UCC六甲アイランド工場

見学は火曜・木曜 1日2回 必ず予約が必要です。

詳しくは   http://www.ucc.co.jp/factory/      までどうぞ。

見学の前か後は、小磯記念美術館で、美しい絵を鑑賞し、心も体もリフレッシュ・・・という一日はいかがですか。 (k)